熱パの主役・日本ハムがついに奪首!八木4安打完封ショー

ブログランキングに参加しています、クリックお願いします。

楽天のエース岩隈を相手に堂々の完封勝利で11勝目。ルーキー八木の好投で、日本ハムがついに首位に立った。
ついに“奪首”だ。日本ハムはルーキー左腕・八木智哉投手が今季3度目の完封。楽天に2-0で完勝し、5月19日以来、9月以降としては98年以来8年ぶりの首位に立った。パ・リーグは前日まで首位だった西武が3位のソフトバンクに敗れ、1ゲーム差に3強がひしめく大混戦の様相を呈しているが、25年ぶりのリーグ制覇を目指す日本ハムがいよいよ、熱パの主役に躍り出た。
a0084622_14155891.jpg

デーゲームで西武敗れるの報を確かめて向かったマウンド。最速は141キロながらスライダー、スクリューを低めに集めて三回までパーフェクトの投球。八回二死一、二塁もベテラン飯田を遊ゴロに仕留め、終わってみれば三塁も踏ませぬ完ぺきピッチ。102球、4安打の完封勝利だった。
「勝てば首位というのは知っていました。チームの勢いに乗って勝てれば最高だと思った。変化球もキレていて、リズムよく投げられました」
[PR]

  by tonbi002 | 2006-09-19 14:16 | 野球

<< ジャガーズ、王者スティーラーズ... NFL第2週/マニング兄弟はと... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE