アロンソ優勝でチャンピオンシップを逆転

ブログランキングに参加しています、クリックお願いします。

前戦中国GPとは打って変わって土曜日から天候に恵まれた鈴鹿サーキットの天候は晴れ、気温25度、路面温度29度、湿度36%、風速3.2m/pというコンディションの中で、日本GPの決勝が午後2時からスタート。
a0084622_1891944.jpg

レースは、シューマッハの思惑通りに進み、誰もがシューマッハの優勝と思ったとき最後のピットイン、コースに復帰した直後のデグナーでシューマッハーのマシンから大白煙が挙がり、痛恨のエンジンブロー! シューマッハーはそのままリタイアとなりアロンソとのチャンピオン争いを有利な形にすることは失敗に終わった。
a0084622_1810459.jpg

ルノーのフェルナンド・アロンソが逆転で優勝し今季7勝目を挙げた。2位にはフェリペ・マッサ(フェラーリ)が入り、3位にはジャンカルロ・フィジケラ(ルノー)となった。
a0084622_18104139.jpg

[PR]

  by tonbi002 | 2006-10-08 18:10 | F1

<< ベアーズ、コルツが無傷の開幕5... 日本GP予選/BSがベスト4を... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE