ベアーズ、コルツが無傷の開幕5連勝、レイブンズは敗北

ブログランキングに参加しています、クリックお願いします。

第4週まで無傷のシカゴ・ベアーズとインディアナポリス・コルツがともに勝利を収め、開幕5連勝を飾った。ベアーズはバッファロー・ビルズを序盤から圧倒し40対7で大勝。コルツはテネシー・タイタンズに前半を終え0対10とリードされる苦しい展開となったが、後半にQBペイトン・マニングの2つのTDパスが決まり、14対10で苦戦したものの逆転勝利を収めた。
a0084622_17564163.jpg

ニューオリンズ・セインツ対タンパベイ・バッカニアーズの試合は、大物新人RBレジー・ブッシュの65ヤードパントリターンTDというビッグプレイもあり、セインツが24対23で逆転勝ち。今季4勝目を挙げている。バッカニアーズは、プロ初先発の新人QBブルース・ブラドコウスキがパス225ヤード、2TDと健闘したものの、勝利につながらなかった。新人ではアリゾナ・カーディナルスのQBマット・ライナートもカンザスシティ・チーフス戦でプロ初先発。パス253ヤード、2TD、1インターセプトと及第点の内容だった。しかし、チームは第4Qに10点差をひっくり返され20対23で逆転負けを喫した。
一方、バッカニアーズ、サンフランシスコ・49ersに20対34で敗れたオークランド・レイダースがともに開幕4連敗。タイタンズと、ミネソタ・バイキングスに17対26で敗れたデトロイト・ライオンズは、開幕5連敗といまだ白星を挙げられず、苦しい状況が続いている。
マンディナイトでは、ディフェンス陣の活躍で接戦に持ち込み第4Qでの逆転劇を繰り返してきたレイブンズが、QBジェイク・プラマーとWRジェボン・ウォーカーのホットラインが好調なブロンコスに破れ、開幕5連勝は、コルツ、ベアースの2チームのみとなった。
[PR]

  by tonbi002 | 2006-10-10 17:57 | アメフト

<< ラリー・ニュージーランドにロッ... アロンソ優勝でチャンピオンシッ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE