シーホークスとセインツ、サヨナラFGで1敗を守る

ブログランキングに参加しています、クリックお願いします。

第6週の12試合が、現時時間10月15日に全米各地で行われた。1敗同士の対戦となったセントルイス・ラムズ対シアトル・シーホークス、ニューオリンズ・セインツ対フィラデルフィア・イーグルスの2試合は、シーホークス、セインツともに試合終了と同時に決まるサヨナラFGで勝利した。シーホークスは、前半で14点リードをつけられる苦しい展開となったが第4Q序盤に逆転する。その後、試合残り1分44秒に再逆転されるが、最後はKジョシュ・ブラウンが54ヤードのロングFGを決めた。セインツは前半を終え14点リードを奪うが、後半に入って21点を連取されて逆転される。しかし、逆転のTDを許した直後の攻撃で追いつくと、Kジョン・カーニーが土壇場で31ヤードの勝ち越しFGを成功させた。

a0084622_232594.jpg

[PR]

  by tonbi002 | 2006-10-16 23:02 | アメフト

<< 欧州CL セルティックが快勝 俊輔が欧州で初のハットトリック達成! >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE