ハイパワーオフェンス爆発でコルツがベアーズに続き開幕6連勝

ブログランキングに参加しています、クリックお願いします。

第7週の12試合が、現地時間10月22日に全米各地で行われた。ここまで無敗のインディアナポリス・コルツは、ワシントン・レッドスキンズと対戦。QBペイトン・マニングがパス342ヤード、4TDと完璧なプレイを見せたコルツが36対22で快勝し、史上9チーム目となる2年連続開幕6連勝を達成した。また、コルツはケガで離脱中だった正キッカーのアダム・ビナティエリが第2週以来の復帰を果たし、FG3本中3本成功と上々の内容だった。
a0084622_11193752.jpg

好調なコルツと対照的だったのが、昨季スーパーボウルに出場したピッツバーグ・スティーラーズ、シアトル・シーホークスの2チームだ。スティーラーズはアトランタ・ファルコンズと壮絶な点の取り合いを演じたが、オーダータイムの末38対41で惜敗。シーホークスはミネソタ・バイキングスに13対31で完敗し、レギュラーシーズンのホームゲームでは2004年12月6日以来の黒星となった。さらに両チームとも試合に負けたことに加え、ベン・ロスリスバーガー、マット・ハッセルベックと先発QBが揃って負傷退場している。特にシーホークスはすでにRBショーン・アレキサンダーが左足の亀裂骨折で離脱しており、最悪の場合、来週の試合では先発QB、RBの2人を欠く非常事態に陥る可能性が出て来た。
[PR]

  by tonbi002 | 2006-10-24 11:20 | アメフト

<< U-21代表・中国に2-0快勝... モントーヤ、ストックカーデビュ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE