アジア杯/日本悔しいドロー発進

3連覇を狙う日本が悔しいドロー発進だ。後半16分に高原直泰(フランクフルト)が先制点を奪ったが、同43分にFKで失点し追いつかれ、引き分けた。
昨夏W杯ドイツ大会敗退後、オシム監督の下で再出発した日本にとって、今大会はアジアの強豪相手にこの1年間の成果を示す場。13日の第2戦でUAE、16日のB組最終戦でベトナムと対戦する。
オシム監督の話 勝ち点6でもおかしくない内容だった。事故あるいは不注意で結果がこうなった。一番難しい部分をこなしながら、仕上げができない。好機を決められないのは、直さなくてはいけない。
[PR]

  by tonbi002 | 2007-07-10 08:29 | サッカー

<< イチロー、史上初の快挙 逆転の... ライコネンが今季3勝目、ハミル... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE