マリナーズWカード争いトップ堅守

a0084622_14254865.jpgイチローは「1番・中堅」で5打数3安打2打点。内容は見逃し三振、右前打、右前打、右翼線三塁打、一ゴロ。打率は3割4分7厘。城島健司は休養日で欠場。チームは11-5で勝った。
この日の11得点のうち、9番ベタンコートと2番ビドロとイチローの3人で6度ホームを踏んだ。3連勝中はこの3人だけで11得点。好機をつくるだけでなく、走者をかえしたり進めたり、マリナーズの1番打者に求められる仕事は多い。

開幕前の予想を覆し、ア・リーグ西地区でエンゼルスと激しい首位争いを展開している。この週末の3試合は合計約13万人の地元ファンが客席を埋めた。「プラスになるかどうかは分からないがマイナスにはならない」。久しぶりに味わう8月の盛り上がりも、リードオフマンの活力につながっているようだ。


日記@BlogRanking
↑ ブログランキングに参加しています。クリック&投票よろしく
[PR]

  by tonbi002 | 2007-08-20 14:25 | 野球

<< チェコGP、ストーナーが独走優... MotoGPチェコGP、ストー... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE