佐賀北、劇的逆転で栄冠

佐賀北(佐賀)が参加4081校の頂点に立った。甲子園球場で22日行われた第89回全国高校野球選手権大会最終日の決勝で、佐賀北が5-4で広陵(広島)に逆転勝ち。2度目の出場で初優勝を遂げた。40年ぶり3度目の決勝進出で初制覇を狙った広陵は、またも涙をのんだ。
試合は広陵が2回に2点、7回には投手・野村の二塁打で2点を追加。野村が7回まで佐賀北打線を1安打に抑えた。
a0084622_16235861.jpg
しかし、佐賀北は8回一死満塁から井手の押し出し四球で1点。続く副島が左翼へ満塁本塁打を放って試合をひっくり返した。救援の久保が力投、再三の堅守も光った。
佐賀北は延長引き分け再試合を含め、1大会では史上最多の73イニングを戦い抜いた。

日記@BlogRanking
↑ ブログランキングに参加しています。クリック&投票よろしく
[PR]

  by tonbi002 | 2007-08-22 16:24 | 野球

<< 五輪最終予選 日本、辛勝スター... チェコGP、ストーナーが独走優... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE