五輪最終予選 日本、辛勝スタート ベトナムに1―0

サッカー男子の北京五輪アジア最終予選は22日、国立競技場で、グループC組の22歳以下(U22)日本代表とベトナムの対戦が行われ、1―0で日本が勝った。日本は9月8日にアウェーでサウジアラビアと次戦を戦う。
前半、引き気味に守るベトナムを相手に日本は、右サイドの水野を中心にボールを回し優位に試合を進めるが、ベトナムの堅い守備の前に得点を奪うことができなかった。決定力を欠く日本は前半のロスタイム、柏木のCKを走り込んだ青山がヘディングで決めて待望の先制点を奪い、1―0とリードして前半を折り返した。
テクニックでベトナムを上回る日本は後半、丁寧なパス回しで試合のペースを作りベトナムの反撃を抑えていたものの、再三の得点機をものにすることが出来ないでいた。終盤、疲労が見え始めるとベトナムに攻め込まれ、後半43分のフォンのFKなどゴールを脅かされるが、そのまま1点を守りきった。 最終予選は12カ国が4チームずつの3組に分かれてホーム・アンド・アウェーの総当たり戦を行い、各組1位が北京五輪の出場権を獲得する。C組はカタールを加えた4カ国で争う。
a0084622_12364914.jpg


日本2―0、強豪カメルーン下す
サッカー日本代表の親善試合(キリンチャレンジカップ)が22日、世界ランク16位の強豪カメルーンを迎え、大分市の九州石油ドームで行われ2―0で日本が勝った。
日本・オシム監督 「集団と個をいかに結びつけるか、考えるべきことが少なくない試合だった。どんな内容だったか知らず、速報ニュースで結果を知った人は、日本がカメルーンより強いと思う人がいるかもしれない」

日記@BlogRanking
↑ ブログランキングに参加しています。クリック&投票よろしく
[PR]

  by tonbi002 | 2007-08-23 12:36 | サッカー

<< マッサ2年連続ポールトゥウイン... 佐賀北、劇的逆転で栄冠 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE