マクラーレン ポイント剥奪と罰金1億ドルが科せられる

フェラーリの機密情報がライバルチームのマクラーレン・メルセデスへ流されたとされる一連のスパイ疑惑で、国際自動車連盟は、今シーズンのコンストラクターズポイント剥奪と1億ドル(約114億円)の罰金をマクラーレンに科した。
a0084622_11374777.jpg
FIAは、マクラーレンが780ページにおよぶフェラーリの極秘文書を所有していたという申し立てを受け、13日にフランスの首都パリで開かれた世界モータースポーツ評議会に、マクラーレンの代表を務めるロン・デニス氏ら関係者を召集した。マクラーレンは、2007年シーズンのコンストラクターズポイントの剥奪と1億ドルの罰金を科せられたが、チームのドライバーであるルイス・ハミルトンとフェルナンド・アロンソのドライバーズポイントの剥奪は行われない。
元フェラーリのパフォーマンスデレクター、ナイジェル・ステップニー氏からのマクラーレンのチーフデザイナーのマイク・コフラン氏に極秘情報が漏らされたという「スパイ疑惑」は2007年7月始めから騒ぎ立てられていたが、7月の終わりにはFIAがコフランが情報を所有していたことについて有罪としながらも、何の処分も下されていなかった。この決定にフェラーリは不満を漏らしたが、新たな証拠が発見されればFIAに上訴する構えを見せていた。
そんな中、9月7日から9日に行われたイタリアGPを前に、FIAは新たな証拠を発見したことを発表すると同時に、マクラーレンチームの関係者の聴取を行うことを発表した。新たな証拠は英新聞のタイムズ紙によると、アロンソやマクラーレンのテストドライバーのペドロ・デ・ラ・ロサ、そしてコフランやステップニー氏の電話や電子メールでの通信記録とされてる。マクラーレン側は一貫して無実を訴えており、今シーズンのレースに臨んでいるマシンであるMP4-22はこの機密書類の情報を一切使用していないと主張している。

日記@BlogRanking
↑ ブログランキングに参加しています。クリック&投票よろしく
[PR]

  by tonbi002 | 2007-09-14 11:39 | F1

<< 松坂、15勝目はお預け、岡嶋乱調 梶山ヘッドだけ、U22やっと奪首 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE