カテゴリ:F1( 34 )

 

残すはウィリアムズ、スパイカー、トロロッソ、スーパーアグリ/F1新車発表

今週は、ルノー、ホンダ、そしてレッドブルがニューマシンを発表した。ルノーのど派手な発表に比べると、ホンダとレッドブルはえらく質素、要はマシンが速けりゃいいのだ、どっちがホンダとルノー、どっちが速いか見ものである。

a0084622_18274323.jpg
a0084622_18275244.jpg
a0084622_1828518.jpg


さて、来週は残るウィリアムズとスパイカーの発表が控えている。カスタマーシャーシーでゆれる2チームを残し全てのチームが新車を発表してしまう。スーパーアグリは、クラッシュテストの追試もあるし、ちょっと前途多難のようである。頑張れ亜久里代表といいたい。
[PR]

  by tonbi002 | 2007-01-27 18:28 | F1

トヨタ、フェラーリ、マクラーレン、BMW/2007年マシン発表

今週は、F1マシン発表のラッシュ、トヨタ、フェラーリ、マクラーレン、BMWがニューマシンを発表した。まずは写真で!
a0084622_1301057.jpg
a0084622_1302498.jpg
a0084622_130366.jpg
a0084622_1304776.jpg

[PR]

  by tonbi002 | 2007-01-17 13:03 | F1

ビルヌーブ、ルマン24時間レースで復帰

ブログランキングに参加しています、クリックお願いします。

イギリスのモータースポーツ専門誌“Autosport”(電子版)は、現地時間(以下、現地時間)9日、元F1ドライバーのジャック・ビルヌーブが、世界3大レースの1つ、ル・マン24時間レースに参戦すると伝えた。10日、海外複数メディアが報じている。
1997年、ウィリアムズ・ルノーでドライバーズタイトルを獲得したJ.ビルヌーブは、2003年最終戦日本GPを前に、一時F1から離れていた。2004年第16戦中国GPでルノーから復帰すると、翌2005年はザウバーに移籍。ザウバーがBMWザウバーとなった2006シーズンも、レギュラードライバーとして出走するものの、第12戦ドイツGPを最後にチームを離脱した。以降、NASCAR、DTM(ドイツツーリングカー選手権)などへの転向を探っていると噂されるが、正式な発表はなされず、レースからは遠ざかっていた。同誌は、J.ビルヌーブがプジョーからル・マンに参戦することを、J.ビルヌーブの関係者が認めたと伝えている。
ル・マンは、インディ500、F1モナコGPと並ぶ世界3大レースの1つ。J.ビルヌーブはF1で王者の座についた他、1995年にはCART(現チャンプカー)でチャンピオンに輝き、インディ500でも優勝を果たしており、もしル・マンで優勝すると、4種類のレースを制したドライバーとなる。
同誌はまた、2005年のJ.ビルヌーブのコメントも紹介した。ル・マン参戦について、J.ビルヌーブは「僕がル・マンで走りたいのは、誰も4つのタイトルを獲得したことがないからだ。3つのカテゴリーで勝ったドライバーはいたけど、4つはない」とコメント。さらに、「何年かレースから離れると、もう勘を取り戻すことができなくなる。速く走ることはできたとしても、それまでと全く違ってしまうんだ。だから僕はF1の引退後は、すぐにル・マンで走りたい。それを終わらせたら、レースから完全に引退できるよ」と語り、ル・マンへの意気込みを見せていた。
[PR]

  by tonbi002 | 2007-01-11 10:30 | F1

スーパーアグリの2007年マシンに影響も? 8日、モナコでF1チーム代表が会議へ

ブログランキングに参加しています、クリックお願いします。

8日、モナコでF1チーム代表が会合を持ち、スーパーアグリF1チームの2007年のマシンにまつわるテクノロジー共有の問題について話し合うことになった。この会合の結果によっては、同チームとスクーデリア・トロロッソの来季のプランに影響が出るかもしれない。
先週のバルセロナテストでスーパーアグリが冬季テストをスタートした直後、この問題に注目が集まった。彼らが走らせた暫定マシンの外観が、ホンダRA106とそっくりだったからだ。今年FIAがまとめたルールの概要によれば、2008年からは他者のデザインによるシャシーを使用できるようになるものの、2007年は、現行のコンコルド協定により、この行為は禁止されている。
スーパーアグリF1チーム側は、このシャシーはブラックレーで作られたものではなく、ホンダR&Dの栃木の工場で作られたものであると説明している。
レッドブルは、公式に言明してはいないものの、実際はエイドリアン・ニューウェイ率いるデザインチームは、1台のマシンをデザインし、ルノーエンジン用とフェラーリエンジン用のリヤ部を作って、レッドブル・レーシングとスクーデリア・トロロッソに振り分けたと見られている。フェラーリエンジンを積むトロロッソのマシンはイギリスのミルトンキーンズで組み立てられる予定で、そこで働くトロロッソのデザインスタッフは6名だと言われている。FIAのシャシーテストもそのファクトリーで行われる。
レッドブルとスーパーアグリのアプローチには違いがある。レッドブルは、ルールに抵触することがないよう、マックス・モズレーおよびFIAと密接にコンタクトを取りながら計画を進めている。一方のスーパーアグリは単独で行動しており、モズレーともFIAテクニカルデレゲートのチャーリー・ホワイティングともコンタクトを取っていない。
多くのチームが、スーパーアグリとトロロッソの動きを気にかけている。スーパーアグリのテストの後、スパイカーのボス、コリン・コレスは各チームの代表、テクニカルディレクター、バーニー・エクレストン、そしてFIAに向けて書状を送り、スーパーアグリのテストカーとホンダRA106との明らかな類似点を詳述している。テストでの使用は禁止されていないものの、コレスは、スーパーアグリがこの暫定マシンを開発したものを来季のレースで使うのではないかとの懸念を抱いている。
[PR]

  by tonbi002 | 2006-12-10 11:32 | F1

FIA ルール改定に合意

FIAは、F1をより環境に優しく、また市販車産業に役立つものとするための長期計画を検討することを明らかにした。世界モータースポーツ評議会は今日、会合を開き、今後の予定について合意した。

2007年
・レギュレーションはすでに発表済み
・(現行の2.4リッターエンジンは「凍結」される)

2008年
・レギュレーションはすでに発表された通りだが、後輪の中心よりも前、あるいは前輪の中心よりも後ろに取り付けられる空力に関する付随物(バージボード、ウィングレット、チムニー等)については廃止の可能性もある(参加チームによる満場一致の合意があった場合に限る)
・風洞と(あるいは)風洞で使う模型と(あるいは)テスト施設を制限する規則が設けられる可能性がある(参加チームの過半数の同意があった場合に限る)
・(現行の2.4リッターエンジンは引き続き凍結)

2009年
・エネルギーの回収とブレーキによる再利用
・50%のダウンフォース削減
・オーバーテイクをしやすくするための空力やその他の変更
・現行の2.4リッターエンジンは引き続き凍結。場合によっては4レースにつき1つのエンジンを使用(エンジンとトランスミッション)

2010年
・廃熱の一部を回収し、車の推進力として利用する
・排気ガスの廃熱の一部を回収し、車の推進力として利用する
・空力を完全に、あるいは部分的に標準化(あるいは、空力を一般道での走行に関する研究が推進されるようなものにするための新しい規則を設ける)
・(現行の2.4リッターエンジンは引き続き凍結、あるいは4レース1エンジンが適用された場合はそれを凍結)

2011年
おサらく以下のものを含む新しい4レース用のエンジンを使用
・高効率のターボ過給
・燃料(エネルギー)流量の制限
・直接噴射
・超高回転(毎分1万5000回転以上)を可能にするするための小型化
・生物燃料(あらゆる生物燃料の使用を自由化する可能性あり。ただし、最大燃料流量ではなく最大エネルギー流量を制限する)

おそらく以下のようなシャーシに対する新しいアプローチ
・ダウンフォースのさらなる削減
・シャーシ、サスペンション、ブレーキを管理することにより、コーナリング性能とハンドリングの重要性を増す
・車のエネルギー効率をよりよくするための電子制御を完全自由化(駆動系などの管理)

おそらくドライバー補助の電子装置を自由化する
・材料 より市販車で使用されているような材料を使うよう制限
・その他の市販車関連技術

2012年
・上記のような新しいエンジンを使用
前述の内容を議論のたたき台とすることを提案する。その他にも、興味深く重要な技術や、まだ言及されていない研究分野が存在するかもしれない。

すべては、新しい技術あるいは関連の技術を、それを希望するすべてのチームが自由に手頃な価格で購入できることが原則となっている。
[PR]

  by tonbi002 | 2006-12-09 16:23 | F1

スーパーアグリ「2008年には勝てるかもしれない」とマネージングディレクター

まだポイント獲得を成し遂げていないスーパーアグリチームだが、マネージングディレクターのダニエル・オーデットの考えでは、チームは2008年にもグランプリ優勝を目指せるかもしれないという強気の発言。
a0084622_21123416.jpg

2007年に向けて、チームは評価の高いイギリス人ドライバー、アンソニー・デイビッドソンをラインナップに加え、さらなる前進を目指している。しかしオーデットは、大きな前進が期待できるのは、2008年だと語る。特に、レギュレーションの変更によって、チームがホンダとさらに連携を深め、既製のホンダシャシーを走らせることができるかもしれないからだ。
「私たちが負け組ではないことを世界に示したい、今やチームの基礎ができ、メカニックもエンジニアも揃っているので、もっとよい順位を目指して戦えるということをぜひ証明したいと思う。古いマシンで発揮した力があれば、2008年には、どこかのグランプリで優勝候補に入れるかもしれない」
「ホンダのサポートがとても強力だというのは本当だし、佐藤とデイビッドソンは、とてもいいドライバーのコンビだと思う。だが、(来年)グリッドの中程に行くには、大きな大きな飛躍が必要だ。それが達成できるのは、レギュレーションが大きく変わる2008年になるだろう。2008年こそ、スーパーアグリがポテンシャルをすべて発揮できる年になると思う」
「新しいルールで、小さいチームもトップチームと同じ技術サポートやシャシーやエアロを手に入れられるようになる――私たちは同じマシンをシェアすることもできる――そして、そうなれば、重要になるのはドライバーや、レーシングチームや、戦術だ。とてもいいマシンと、とてもいいドライバーと戦術、そして少しの幸運さえあれば、小さなチームでも、2008年にはグランプリ優勝が可能かもしれない」
2007年シーズンに期待しよう!
[PR]

  by tonbi002 | 2006-12-06 21:12 | F1

ハッキネン、5年ぶりにF1マシンをドライブ

ブログランキングに参加しています、クリックお願いします。

30日、ミカ・ハッキネンがバルセロナF1合同テストに登場、2001年日本GP以来初めてF1マシンをドライブした。
この2年、DTMに参戦してきたハッキネンは、マクラーレンのテスト最終日に参加した。5年ぶりのシングルシーターへの復帰であり、2006年のF1マシンはV8エンジンを積むなど、現役時代のマシンとは大きく異なるため、ハッキネンは午前中はマシンになじむところから始めた。
 しかし周回を重ねるにつれ、タイムは上がり、最終的には1分19秒336のベストタイムをマークした。このタイムは、この日フェラーリのルカ・バドエルが記録したトップタイムから約3秒落ちで、タイムシートでは18人中最下位となった。
a0084622_21222419.jpg

「エキサイティングな1日だった」とハッキネンは語った。
「5年ぶりにF1マシンをドライブすることができ、本当に楽しかった。2回のタイトルを獲得したチーム・マクラーレン・メルセデスでのドライブだっただけに、なおさら特別な経験となった」
「午前中はコクピットに慣れ、2006年マシンの理解に努めた。バルセロナはマシンにもドライバーにもハードなサーキットだし、すぐに速く走れるとは思っていなかった。スピードに乗れるようになるまで数周かかったが、これはみんな予想していたことだ」
[PR]

  by tonbi002 | 2006-12-01 21:23 | F1

中嶋 一貴、2007年のレースドライバーを狙う

ブログランキングに参加しています、クリックお願いします。

a0084622_200932.jpg
ウィリアムズとテストドライバー契約を結んだ中嶋 一貴は、テストドライバーとしての作業を楽しみにしている。中嶋は2007年に正式なF1ドライバーになることが目標だ。
ウィリアムズは先日、中嶋がチームの2番目のテストドライバーになることを発表した。来年は、彼はチームのためにテストを行い、GP2に参戦することになっている。中嶋は来シーズンが待ちきれない様子だ。「GP2もF1も、僕にとっては初めての経験だよ」と、彼は語った。「できるだけ多くの経験を積んで、GP2でいい結果を得られるといいね」
「F1がどんなものなのか、まだよくわからないんだ。でも、テストドライバーとして走る機会をもらえたから、経験を積んでチームに貢献したいと思う。僕の最大の目標はF1のレースドライバーになることで、2007年はそれを達成できるための年にしたいね」
琢磨、左近に続く、F1ドライバーにはやくなってくれ!
[PR]

  by tonbi002 | 2006-11-11 20:01 | F1

アロンソ優勝でチャンピオンシップを逆転

ブログランキングに参加しています、クリックお願いします。

前戦中国GPとは打って変わって土曜日から天候に恵まれた鈴鹿サーキットの天候は晴れ、気温25度、路面温度29度、湿度36%、風速3.2m/pというコンディションの中で、日本GPの決勝が午後2時からスタート。
a0084622_1891944.jpg

レースは、シューマッハの思惑通りに進み、誰もがシューマッハの優勝と思ったとき最後のピットイン、コースに復帰した直後のデグナーでシューマッハーのマシンから大白煙が挙がり、痛恨のエンジンブロー! シューマッハーはそのままリタイアとなりアロンソとのチャンピオン争いを有利な形にすることは失敗に終わった。
a0084622_1810459.jpg

ルノーのフェルナンド・アロンソが逆転で優勝し今季7勝目を挙げた。2位にはフェリペ・マッサ(フェラーリ)が入り、3位にはジャンカルロ・フィジケラ(ルノー)となった。
a0084622_18104139.jpg

[PR]

  by tonbi002 | 2006-10-08 18:10 | F1

シューマッハーが逆転で中国GP初優勝! 

ブログランキングに参加しています、クリックお願いします。

遅れましたが、中国GPについてです。日曜日に上海インターナショナル・サーキットで行われ、フェラーリのミハエル・シューマッハーが見事な逆転劇を演じ優勝、今季7勝目を上げた。2位はライバルのフェルナンド・アロンソ(ルノー)が入り、3位にはジャンカルロ・フィジケラ(ルノー)となった。
a0084622_1257424.jpg

[PR]

  by tonbi002 | 2006-10-04 12:58 | F1

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE