<   2006年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧

 

WRCオーストラリア、レグ2もフォードのヒルボネンが首位をキープ

ブログランキングに参加しています、クリックお願いします。

WRC第14戦ラリー・オーストラリアは10月28日(土)にレグ2を行い、フォード・フォーカスRS WRC06のミッコ・ヒルボネンがレグ1に続き総合1位のポジションをキープした。また、併催イベントとなるPWRC第7戦はマルコス・リガト(三菱ランサーエボリューション)が首位に浮上している。
a0084622_902367.jpg

[PR]

  by tonbi002 | 2006-10-29 09:07 | モータースポーツ

ラリー・オーストラリア/SS7でソルベルグ首位へ

ブログランキングに参加しています、クリックお願いします。

スバルのペター・ソルベルグが今日の5本目のSSでステージウィンを飾り、ミッコ・ヒルボネン(フォード)をかわして総合首位に躍り出た。ソルベルグは依然としてグリップ不足を訴え、アンダーステアにも悩まされており、このあとのサービスでダンパーを交換する予定だ。
a0084622_19231257.jpg

ミッコ・ヒルボネン(フォード)はセカンドベストをマークしたものの、ソルベルグと2秒7差の総合2位に後退した。「この順位でもポイントは十分に獲得できる。そのことを忘れないようにしないとね」とSS7を走り終えたヒルボネンは語った。
チェビー・ポンス(クロノス・トタル・シトロエン)は3番時計で総合3位をキープ。一方マンフレッド・ストール(OMV-プジョー・ノルウェー)はステージ4位ながら、マシンの良い感触がつかめていないと訴えた。「1走目と比べても、それほど走りは良くなっていないよ。とっても変なフィーリングで、自信がもてないよ」
マーカス・グロンホルム(フォード)は、午前のステージを走り終えることができたことに感謝しているようだった。しかし
ステージフィニッシュで待ち構えていたリポーターたちには何も語ることなく走り去っていった。グロンホルムはこのステージでもソルベルグのトップタイムから16秒遅れ、総合順位での首位との差は12分を越えてしまった。

1. 5 P.SOLBERG 45:46.3
2. 4 M.HIRVONEN 45:49.0 2.7
3. 1 X.PONS 46:22.5 36.2
4. 7 M.STOHL 46:39.5 53.2
5. 41 D.HERRIDGE 48:54.6 3:08.3
[PR]

  by tonbi002 | 2006-10-27 19:23 | モータースポーツ

U-21代表・中国に2-0快勝、平山が“神の手ゴール”

ブログランキングに参加しています、クリックお願いします。

生まれついてのヒーローの資質が、後半37分に花開いた。右サイドからMF中村が上げたクロスに、平山が猛然とゴール前に走り込んだ。中国GK王大雷と衝突しそうになったが突進し、GKがはじいたボールが平山の体に跳ね返ってゴールの中へ。ミラクルゴールだ。08年北京五輪を目指す反町監督率いるU-21日本代表の公式戦に初めて臨んだ男が、大仕事をやってのけた。「手に当たりました。あっ肩です。何度かああいう形があったので狙っていた。日本での最初の試合で取れてよかった」
a0084622_111137.jpg

平山はやんちゃな笑顔を振りまきながらゴールをふり返った。ビデオ映像では、右ひじに当たってのゴールに見える。中国のドゥイコビッチ監督は「マラドーナみたいなゴールでやられた」。アルゼンチンの英雄ディエゴ・マラドーナが86年メキシコW杯準々決勝イングランド戦でみせた“神の手ゴール”を彷彿とさせたが、判定は覆らない。平山はサポーターに向けて投げキッスをし、両手を大きく広げた。
[PR]

  by tonbi002 | 2006-10-26 11:01 | サッカー

ハイパワーオフェンス爆発でコルツがベアーズに続き開幕6連勝

ブログランキングに参加しています、クリックお願いします。

第7週の12試合が、現地時間10月22日に全米各地で行われた。ここまで無敗のインディアナポリス・コルツは、ワシントン・レッドスキンズと対戦。QBペイトン・マニングがパス342ヤード、4TDと完璧なプレイを見せたコルツが36対22で快勝し、史上9チーム目となる2年連続開幕6連勝を達成した。また、コルツはケガで離脱中だった正キッカーのアダム・ビナティエリが第2週以来の復帰を果たし、FG3本中3本成功と上々の内容だった。
a0084622_11193752.jpg

好調なコルツと対照的だったのが、昨季スーパーボウルに出場したピッツバーグ・スティーラーズ、シアトル・シーホークスの2チームだ。スティーラーズはアトランタ・ファルコンズと壮絶な点の取り合いを演じたが、オーダータイムの末38対41で惜敗。シーホークスはミネソタ・バイキングスに13対31で完敗し、レギュラーシーズンのホームゲームでは2004年12月6日以来の黒星となった。さらに両チームとも試合に負けたことに加え、ベン・ロスリスバーガー、マット・ハッセルベックと先発QBが揃って負傷退場している。特にシーホークスはすでにRBショーン・アレキサンダーが左足の亀裂骨折で離脱しており、最悪の場合、来週の試合では先発QB、RBの2人を欠く非常事態に陥る可能性が出て来た。
[PR]

  by tonbi002 | 2006-10-24 11:20 | アメフト

モントーヤ、ストックカーデビュー戦で3位、次戦は接触して24位

ブログランキングに参加しています、クリックお願いします。

ちょっと古いですが、ファン-パブロ・モントーヤが、タラデガで行われたARCA RE/MAXフード・ワールド250でストックカーデビューを果たし3位入賞しました。
彼は、「すごくエキサイティングだったよ。3台も4台も固まって走るんだ。何周か上位を走れたと思ったら、下位に落ちたり、その次には中団を走っているという具合だった。(ストックカーのレースは)すごくワイルドだと言われたけれど、“とにかく自分で走って、体験してみるよ”と僕は答えていた」
「ずいぶん長い間、レースでこれほど楽しい思いをしていなかった。F1が悪いという意味では全くない。あれもとてもいいレースだ。マシンは信じられないほど素晴らしいしね。でも、これほど楽しんだのは、久しぶりのことだった。今日は優に40台は抜いたと思うよ。とんでもないよね」
と言っている。
a0084622_12505213.jpg

motorsport.comによれば、月末にはNASCARデビューとか、頑張れモントーヤ!
[PR]

  by tonbi002 | 2006-10-19 12:51 | モータースポーツ

欧州CL セルティックが快勝

ブログランキングに参加しています、クリックお願いします。

サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は17日、グラスゴー(英国)などで1次リーグE―H組の8試合を行い、中村俊輔が所属するF組のセルティック(スコットランド)は3―0でベンフィカ(ポルトガル)に快勝した。中村は右MFでフル出場し、全得点に絡んだ。
a0084622_20225171.jpg

F組はマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)が3―0でコペンハーゲン(デンマーク)を下し、無傷の3連勝でトップ。セルティックは勝ち点6で2位。
G組はCSKAモスクワ(ロシア)が1―0でアーセナル(イングランド)を破って勝ち点7で首位に立ち、アーセナルは同6で2位に後退。E組はリヨン(フランス)が3連勝で首位を堅持し、レアル・マドリード(スペイン)は4―1でステアウア・ブカレスト(ルーマニア)に大勝した。H組ではACミラン(イタリア)とリール(フランス)が勝った。
[PR]

  by tonbi002 | 2006-10-18 20:24

シーホークスとセインツ、サヨナラFGで1敗を守る

ブログランキングに参加しています、クリックお願いします。

第6週の12試合が、現時時間10月15日に全米各地で行われた。1敗同士の対戦となったセントルイス・ラムズ対シアトル・シーホークス、ニューオリンズ・セインツ対フィラデルフィア・イーグルスの2試合は、シーホークス、セインツともに試合終了と同時に決まるサヨナラFGで勝利した。シーホークスは、前半で14点リードをつけられる苦しい展開となったが第4Q序盤に逆転する。その後、試合残り1分44秒に再逆転されるが、最後はKジョシュ・ブラウンが54ヤードのロングFGを決めた。セインツは前半を終え14点リードを奪うが、後半に入って21点を連取されて逆転される。しかし、逆転のTDを許した直後の攻撃で追いつくと、Kジョン・カーニーが土壇場で31ヤードの勝ち越しFGを成功させた。

a0084622_232594.jpg

[PR]

  by tonbi002 | 2006-10-16 23:02 | アメフト

俊輔が欧州で初のハットトリック達成!

ブログランキングに参加しています、クリックお願いします。
a0084622_8561765.jpg

セルティックのMF中村俊輔(28)が14日のダンディーU戦(アウエー)で3得点。欧州の公式戦では日本選手3人目となるハットトリックを達成し、チームの全得点に絡む活躍で4-1逆転勝利に導いた。勝てば1次リーグ突破に大きく前進する17日の欧州チャンピオンズリーグ・ベンフィカ戦(ホーム)に向けて、最高の弾みをつけた。
[PR]

  by tonbi002 | 2006-10-15 08:56 | サッカー

田口 決勝本塁打! カ軍1勝1敗に

ブログランキングに参加しています、クリックお願いします。

 米大リーグ、ナ・リーグの優勝決定シリーズ、メッツ(東地区1位)―カージナルス(中地区1位)第2戦が13日、ニューヨークで行われ、カージナルスが田口壮外野手の決勝打となる勝ち越し本塁打などで9―6と勝ち、対戦成績を1勝1敗とした。
a0084622_17405428.jpg

 8回から左翼を守っていた田口は6―6の9回、先頭で打席に入り、メッツの抑え、ワグナーの9球目を左越えに運んだ。地区シリーズ第3戦(7日)の代打本塁打に続き、今プレーオフ2打席で2本塁打
[PR]

  by tonbi002 | 2006-10-14 17:41 | 野球

ラリー・ニュージーランドにロッシがインプレッサWRCで参戦

ブログランキングに参加しています、クリックお願いします。

バレンティーノ・ロッシが、来月のラリー・ニュージーランドにスバル・インプレッサWRCで参戦することになった。
a0084622_2218123.jpg

ロッシが使用するのは、今年のドイチェランドでクリス・アトキンソンが使用した2005年スペックのインプレッサWRCにアクティブ・ディファレンシャルを装着したもので、スバル・ワールドラリーチーム(SWRT)がメンテナンスを行うが、エントリーは『バレンティーノ・ロッシ』となり、プライベーターとしての参戦となる。
 しかし、インプレッサを使用する契約は決まったものの、タイヤに関してSWRTが使用するピレリを使用するか、ロッシがMotoGPで使用するミシュランの兄弟ブランド、BFグッドリッチを使用するかでまだ決まっていない模様だ。
[PR]

  by tonbi002 | 2006-10-13 22:20 | MotoGP

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE