<   2007年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

ウイリアムズ、トヨタエンジン搭載のニューマシンを発表

AT&TウイリアムズF1チームは2日、2007年シーズンを戦うニューマシン、FW29をチームのヘッドクォーターで公開した。また、今回の発表に合わせてこれまで噂に上がっていたレノボとのスポンサーシップも発表されている。
a0084622_10305638.jpg
a0084622_1031840.jpg

新たなタイトルスポンサー、AT&T、また新たにスポンサーとして発表されたレノボのロゴが目立つFW29は、テクニカルディレクターのサム・マイケルによれば「FW28からのゼロキールを引き継ぐもので、サイドポッドの空気導入口の改良、2006年に経験したエンジンおよびエキゾースト周辺の信頼性の向上、デッキの空力の向上などが挙げられる。また、シーズン序盤の3レースでも十分に冷却性能を保つことができるチムニーダクト、より細くなったエンジンカバー部がFW28とは異なる。マシン後部では、より軽量になったピラーがリヤウイングのドラッグを減少させ、また、FIAの耐衝撃基準にも適合している」と解説する。
このFW29を駆るレースドライバーは、ニコ・ロズベルグとアレクサンダー・ブルツだ。また、テストドライバーのナレイン・カーティケヤンと中嶋一貴のうち、カーティケヤンは主にテストブログラムを、中嶋はいくつかのグランプリで金曜日のテスト走行を受け持つということだ。
[PR]

  by tonbi002 | 2007-02-04 10:31 | F1

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE