<   2007年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

フェラーリ逆襲開始か、フランスGP初日はフェラーリワンツー

フランスGPのフリー走行が行なわれ、フェラーリのフェリペ・マッサが1分15秒453のトップタイムをマークして金曜日のセッションは終了した。2番手にはキミ・ライコネンが入り、フリー走行1回目に続いてフェラーリがワンツー。3番手はスコット・スピードとなった。
各ドライバーのコメントは以下の通り
a0084622_10201157.jpg
5 フェリペ・マッサ(フェラーリ) フリー走行1=2位/2=1位
今日、僕らは速かったね。午前のセッションでは開始数周でいいバランスを見出すことができた。シルバーストンのテストで完了させた作業が、この結果を生んだんだと思う。僕らはコンペティティブだし、この強さは残りの週末も続くはずだ。パフォーマンスの点で言うと、固めのタイヤのほうが安定性がある。一方、柔らかめのタイヤはグリップが高いので、予選では役に立ってくれるだろう。
6 キミ・ライコネン(フェラーリ) フリー走行1=1位/2=2位
非常にポジティブな1日になったと言っていいだろう。いい仕事ができたし、今週末はコンペティティブな走りができると思う。午前のセッションの開始直後からマシンは好調だったが、まだ改善の余地はある。とはいえ、金曜はいつもそうだが、それぞれのチームがどの位置につけているのかは分からない。ここで使用する2種類のタイヤは同じようなパフォーマンスを示している。僕はソフトタイヤでクリーンラップを取れなかったから、どちらが速いのかは分からないけどね。
19 スコット・スピード(トロロッソ) フリー走行1=15位/2=3位
僕らのいるポジションというのは、はっきりとは分からないんだ。燃料の搭載量に関しても、よそが何をやっているのか知らないからね。もちろん、僕は軽めの燃料で最速タイムをマークした。ギヤボックスは間違いなく進化したし、今日はマシンも悪くなかった。アンダーステアに少し悩まされたけどね。午後になると、ステアリングホイールのトラブルを含め、いくつかの問題を抱えることになった。おかげでプログラムを終わらせることができなかった。タイヤの評価作業には影響なかったが、それも完璧にこなせたわけではない。最後の走行のウォームアップラップで問題が出たからね。概して、ここ数戦よりも競争力は上がっているようだ。これからはとにかく懸命に取り組んで、集中力を保ち、残りの週末でミスを犯さないことが大事だ。
a0084622_10203022.jpg
22 佐藤琢磨(スーパーアグリ) フリー走行1=12位/2=20位
2種類のタイヤの反応が異なるという、とても興味深いプラクティスだった。今日集めることができた大量のデータを分析する必要がある。数種類の新しい空力パーツを試し、いくつかの優れた点を発見することができた。マシンはトラブルもなく高い信頼性を発揮したので、今日はポジティブな1日だったと思う。
23 アンソニー・デイビッドソン(スーパーアグリ) フリー走行1=16位/2=9位
今日の仕事には満足している。終盤に新しいタイヤでのいいバランスを見つけることができたし、シート上位のタイムを記録できたのも、もちろん嬉しかった。タイヤのコンパウンドによってかなり大きな差があったので、今週末はどのチームにとってもタイヤが難しいポイントとなるだろう。
[PR]

  by tonbi002 | 2007-06-30 10:21 | F1

松坂、8回1失点も10勝お預け

米大リーグ、レッドソックスの松坂大輔投手は27日、シアトルのセーフコ・フィールドでのマリナーズ戦に今季10勝目を懸けて先発し、イチロー外野手との3度目の対決では三回にメジャーで初安打となる中前適時打を打たれた。松坂は8回3安打、8三振1失点と好投したが、勝敗は付かず9勝5敗のまま。
a0084622_10583143.jpg
イチローとの対戦は3打数1安打2三振。一回の第1打席は空振り三振、二死二塁で迎えた三回の第2打席は中前打、六回の第3打席は見逃し三振だった。イチローが珍しく球審に不満をぶつける、絶妙の制球だった。2人の今季通算成績は8打数1安打となった。
試合は延長11回裏、イチローが四球を選び、ロペスの左越え安打で一塁からサヨナラのホームイン。マリナーズはサヨナラ勝ちでレッドソックスに3連勝。貯金は9に増え、首位エンゼルスとのゲーム差を5に縮めた。
[PR]

  by tonbi002 | 2007-06-28 10:56 | 野球

「正義のための闘い」称賛=慰安婦決議案で米下院議長

ペロシ米下院議長は26日、戦時中の従軍慰安婦問題で下院外交委員会が可決した対日謝罪要求決議案の本会議可決を目指すとの声明を出し、同案を提出したホンダ議員について「慰安婦支援のための疲れを知らぬ活動、世界の正義・人権のための闘いは称賛すべきものだ」と述べた。
その上で、「日本は米国の貴重な友人であり、環境保護や世界の貧困層のための人道支援などの分野で主導的な役割を果たしているが、慰安婦問題ではなおなすべきことがある」と指摘。「過去の過ちを認識し、未来の世代を教育するのに遅すぎるということはない」と強調した。考えさせられる発言です。
[PR]

  by tonbi002 | 2007-06-27 13:18 | 日記

モントーヤ、NASCARネクステルカップで記録的な初優勝

インフィネオン・レースウェイで行われたNASCARネクステルカップで、ファン-パブロ・モントーヤ(チップ・ガナッシ)が、現代ロードコースにおける最も後方のグリッドからの優勝という記録つきでシリーズ初優勝を成し遂げた。モントーヤは、ネクステルカップ17戦目にして、32番グリッドからの優勝という記録的な勝利を達成した。ネクステルカップではここ30年以上にわたって、アメリカ人以外のドライバーが優勝したことはなかった。モントーヤはオーバーテイクを繰り返した後に、給油戦略と燃費走行によって、チップ・ガナッシに2002年10月以来の勝利をプレゼントした。
a0084622_12253228.jpg

「初年度に初優勝を挙げられるなんて、すごいことだよ。僕らは一部のオーバルでは多少他から後れを取っていることは分かっているが、今回のことは働いている全員にとって大きな励みになると思う」と語っている。
[PR]

  by tonbi002 | 2007-06-26 12:25 | モータースポーツ

イチロー、連日のマルチ安打で19試合連続安打

a0084622_1643162.jpgまるでレッズの主砲グリフィーのために用意されたような試合だった。1打席目は左中間、3打席目には右越えに美しいアーチを架けて通算584本塁打。マグワイアを一気に抜き去り史上7位へ。元マリナーズのヒーローが最後の守備を終えて名残惜しそうに手を振ると、大観衆の温かい拍手が降り注いだ。
「歓迎は想像していた以上だった。本当に楽しい時間が過ごせた」。1999年以来となるシアトルの感想を話したグリフィーに対し、イチローがあらためて称賛の声を上げた。
「一人でこれだけお客さんを集められるのがスーパースター。力のある、いい選手はほかにもいっぱいいるけど、スーパースターはなかなかいない」。ここ数年は観客数減少に悩むセーフコ・フィールドだが、ナ・リーグ最低勝率球団レッズが相手でも、この3日間は連日超満員の観客で膨れ上がった。
スーパースターは持って生まれた資質か、それとも経験と実績が加味されて出来上がるものか。そんな問いに、イチローは「そのどちらもあるんじゃないの」と言った。自らは2安打して連続試合安打を「19」に伸ばし、右中間の大飛球も好捕したが、あこがれの存在であるグリフィーを語る瞬間が一番生き生きとしていた。(
[PR]

  by tonbi002 | 2007-06-25 16:04 | 野球

松坂、日本人メジャー通算400勝

怪物が精密機械に投げ勝った。レッドソックスの松坂大輔投手が22日(日本時間23日)、パドレス戦で6回5安打1失点。339勝右腕グレグ・マダックス投手との投げ合いを制して9勝目を挙げた。5回にメジャー自己最速の97マイル(約156キロ)を記録し、100球を超えた6回には直球12球すべて150キロ超えと驚異のスタミナを披露。この白星で日本人投手メジャー通算400勝目となった。
松坂の凄さはパ軍ブラック監督の言葉に集約されていた。「120球投げても疲れて見えなかった。投手の育てられ方の問題だ。米国ではリトルリーグから球数は厳しく制限されている。30年前からそうだ。日本の投手は正しい投げ方で、ブルペンでもたくさん投げるから強い肩ができるんだ」。規格外のスタミナに驚くしかなかった。
初回いきなり3連続四球を与えて1点を失った。「立ち上がりは静かに入っていこうと思って失敗した」。球数は4回終了時で81球。しかし、見せ場はここからだった。5回、先頭M・ジャイルズの6球目に自己最速タイの97マイルを記録。さらに100球を過ぎた6回は直球12球すべてが150キロ超え。最後は2死一、三塁からジャイルズを空振り三振に仕留め、ガッツポーズで締めくくった。ジャイルズは「100球以上投げて速い。こんな投手なかなかいない」とうなった。
[PR]

  by tonbi002 | 2007-06-24 10:42 | 野球

オシム、中田に「代表の扉は開いている」

サッカー日本代表のイビチャ・オシム監督が、引退して1年もたつ中田英寿の代表復帰を歓迎する、異例の発言を行った。オシム監督はこの日、東京・有楽町の外国特派員協会で会見。中田についての質問に「彼が復帰すれば、代表の扉はまだ開いている」と答えた。W杯ドイツ大会1次リーグのブラジル戦に、日本代表MFとして出場したラストマッチから今日22日でちょうど1年。知将の頭の中には、まだその名前があった。
会見場にどよめきが起きた。失笑も漏れた。「中田のカムバックは?」という質問に、オシム監督の表情を狙うカメラのシャッター音が一斉に響いた。いくら海外で知られている数少ない日本人選手とはいえ、引退したのは1年も前。常識的には考えられない質問だ。「語録」を期待したのか、単なる思い付きか。それでもオシム監督は表情も変えず、丁寧に答えた。
「彼がなぜ辞めたのかは分からない。しかし、明らかに(W杯での)失望と関係ある」と推測し「長くプレーすることで、名声を失うことを恐れたのだろう」と続けた。そして「まだ若いし、プレーできる」と言った後「彼が再びプレーすることを決意するのなら、代表にも居場所はある。代表の扉は開いている」。場内に再び失笑が漏れる。だがオシム監督だけは、真剣そのものだった。
「欲しいのは彼の名前ではなく、才能だ」と、いつものスター不要論は忘れなかった。「日本ではチームよりもスター(選手)が大切にされる」と皮肉り、中田氏に対しても「自分がほかの選手より優れていると思うなら、問題だ」と厳しい言葉も発した。それでも「彼よりいい選手を探すのは難しい」の言葉で1年前の「選手中田英寿」を評価した。
質問の答えには「今の日本代表には、中田のような選手が必要」というメッセージも込められていた。アジア杯という目標を前に、まだまだチーム力に不安があるのかもしれない。「理想の選手などいない。中田も理想ではない」と言い切ったが、確かな技術と強じんな肉体、チームのために労を惜しまず走り回るファンタジスタが、監督の理想に近いのは間違いない。「彼のような選手がいなくても、チームで補うことはできる」。オシム監督はそう言いながらも、ピッチを去った中田氏に思いをはせていた。【
[PR]

  by tonbi002 | 2007-06-22 14:05 | サッカー

サッカー・アジアカップの日本代表30名が予備登録

日本サッカー協会は18日、7月7日開幕のアジアカップ(インドネシア、マレーシア、タイ、ベトナムの共催)に臨む日本代表の予備登録30人を発表した。初招集はなく、オシム監督就任後の試合、練習でのプレーを重視した手堅い選考。規定では7月5日までに23人を本登録することになっており、今後のJリーグの結果を踏まえて絞り込む。
オシム監督は「スペシャリストと、複数の位置をこなすポリバレントな(多様性のある)選手のバランスを取った。現地の(蒸し暑い)気候なども考慮した」。3連覇がかかる大会の目標については「結果か内容かと聞かれれば結果を重視する」と話した。田嶋専務理事によると、日本協会として成績にノルマは課さないという。

GK
川口 能活 1975.8.15 180cm 77kg 磐田
楢崎 正剛 1976.4.15 187cm 80kg 名古屋
西部 洋平 1980.12.1 187cm 77kg 清水
川島 永嗣 1983.3.20 185cm 80kg 川崎F
DF
中沢 佑二 1978.2.25 187cm 78kg 横浜
坪井 慶介 1979.9.16 179cm 67kg 浦和 40・0
加地  亮 1980.1.13 177cm 73kg G大阪 50・1
田中マルクス闘莉王 1981.4.24 185cm 82kg 浦和
駒野 友一 1981.7.25 172cm 76kg
水本 裕貴 1985.9.12 183cm 72kg
MF
中村 俊輔 1978.6.24 178cm 69kg セルティック
橋本 英郎 1979.5.21 173cm 68kg G大阪
羽生 直剛 1979.12.22 167cm 63kg 千葉
遠藤 保仁 1980.1.28 178cm 75kg G大阪
中村 憲剛 1980.10.31 175cm 66kg 川崎F
鈴木 啓太 1981.7.8 177cm 67kg 浦和 1
阿部 勇樹 1981.9.6 177cm 77kg 浦和
今野 泰幸 1983.1.25 178cm 73kg FC東京
山岸  智 1983.5.3 181cm 77kg 千葉
太田 吉彰 1983.6.11 175cm 68kg 磐田
伊野波雅彦 1985.8.28 179cm 73kg FC東京
水野 晃樹 1985.9.6 173cm 62kg 千葉
本田 圭佑 1986.6.13 182cm 74kg 名古屋
家長 昭博 1986.6.13 173cm 70kg G大阪
FW
高原 直泰 1979.6.4 180cm 77kg フランクフルト
播戸 竜二 1979.8.2 171cm 65kg G大阪
巻 誠一郎 1980.8.7 184cm 81kg 千葉
前田 遼一 1981.10.9 183cm 80kg 磐田
佐藤 寿人 1982.3.12 170cm 67kg 広島
矢野 貴章 1984.4.5 185cm 74kg 新潟
[PR]

  by tonbi002 | 2007-06-19 09:04 | サッカー

北京五輪アジア最終予選の組み合わせ決定

2008年北京五輪アジア最終予選の組み合わせ抽選会が13日、マレーシア・クアラルンプールで行われ、第1シードのU―22日本代表はサウジアラビア、カタール、ベトナムと同じC組に入った。反町康治監督(43)は最も警戒していたサウジアラビアと同組になり、4大会連続の五輪切符獲得に向け不安の色を隠せなかった。 もちろん敵はサウジアラビアだけではない。カタールは昨年末のドーハ・アジア大会を制したメンバーが主力の強豪。1次リーグから勝ち上がったベトナムも国を挙げた強化プロジェクトのもと、急速に力をつけている。

※2次予選を勝ち抜いた12チームが3組に分かれホーム&アウエー方式で対戦。各組の1位が五輪出場権を得る
グループA イラク レバノン 北朝鮮 オーストラリア
グループB 韓国 バーレーン シリア ウズベキスタン
グループC 日本 サウジアラビア カタール ベトナム
[PR]

  by tonbi002 | 2007-06-14 08:58 | サッカー

カナダGP、琢磨今期2度目の入賞!!!

久しぶりの投稿です。琢磨がやりました!!

出場車両の半数がリタイアするという、過酷な戦いとなったカナダGPでSUPER AGURI F1TEAMの佐藤琢磨とアンソニー・デビッドソンが素晴らしい結果を達成した。3位を守って走行を続けるアンソニーの目前を不運な地元の野生動物が横切るというアクシデントが発生し、フロントウイングにダメージを負ったアンソニーは、予定外のピットストップを余儀なくされた。しかし、彼は素晴らしいレースを戦い続け、11位のポジションでフィニッシュラインを越えることができた。琢磨はこれまでのキャリアで最高のレースを戦った。レース終盤の接戦の中、彼はトヨタの2台とワールドチャンピオンの座を守り続けるフェルナンド・アロンソをオーバーテイクし、ポイント獲得圏内の6位でチェッカーフラッグを受けた。琢磨はドライバーズチャンピオンシップで11位、SUPER AGURI F1 TEAMはコンストラクターズチャンピオンシップで7位となった。
a0084622_14443965.jpg
a0084622_14445515.jpg

[PR]

  by tonbi002 | 2007-06-11 14:43 | F1

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE