タグ:日本代表 ( 22 ) タグの人気記事

 

決めた! U-20W杯切符/河原先制、青木勝ち越し弾

ブログランキングに参加しています、クリックお願いします。

サッカーの19歳以下(U-19)アジア・ユース選手権は6日、当地などで準々決勝が行われ、日本はサウジアラビアを2-1で破って準決勝に進出し、来年の20歳以下ワールドカップ(旧世界ユース選手権、6月30日開幕、カナダ)の出場権を獲得した。日本は世界ユース時代から7大会連続出場となる。日本は前半7分、FKからFW河原和寿(19=新潟)が頭で合わせて先制したが、後半36分、PKで失点。延長戦突入寸前、途中出場のFW青木孝太(19=千葉)が決勝点を挙げた。日本は9日の準決勝で韓国と対戦。オーストラリアを2-1で破った韓国もU-20W杯への出場が決まった。
a0084622_21355697.jpg

先制点を決めた1人目のヒーロー・河原はベンチで、試合終了の笛を聞き、涙にむせんだ。「久しぶりに泣きました。感動しました」。代わってピッチに飛び出した青木が決勝点を決める。2人で90分、2人で2点を決め、世界切符をつかみ取った。
歓喜の瞬間は、突然訪れた。試合を振り出しに戻され、耐えるしかなかった苦しい時間帯だった。後半終了間際、ペナルティーエリアの中にいたFW青木に、ボールが転がる。DFが寄せてきてコースがほとんどなくても、冷静だった。相手の股間(こかん)から見えたゴールネットに向かい、鋭く左足を一閃(いっせん)。GKは一歩も動けなかった。
「そこしかなかったんで、意識的にまたの間を狙った。落ち着いていて集中して打てた」。ベンチにダッシュした背番号17に、勝利を確信した仲間が駆け寄る。誰もが延長戦を覚悟した時間だっただけに、喜びが一気に爆発。輪がどんどんと大きくなった。そして、間もなくタイムアップの笛が鳴った。
おめでとう! U19代表のメンバー、本大会でも頑張れ!
[PR]

  by tonbi002 | 2006-11-07 21:36 | サッカー

日本代表にオシムイズムが浸透し始める

ブログランキングに参加しています、クリックお願いします。

身体能力、技術で上回る相手に、ワンタッチを中心とした速い展開の攻撃で再三のチャンスをつくった。決定力不足は相変わらずも、ガーナに1歩も引かない内容。後半28分に一瞬のスキを突かれて決勝点を許し、0-1で惜敗したが、イビチャ・オシム監督(65)も「内容は日本の方がよかった」と好評価を与えた。世界の強豪と渡り合える日本の武器「ワンタッチ攻撃」を確認した。
a0084622_2242059.jpg

全員が流れるように動き、前半11分にもワンタッチ、ツータッチを織り成して攻撃を展開した。MF鈴木は「練習の形が何本かできた。チームの狙いを選手が分かってきている」と前を向いた。その手応えを裏付けるようにオシム監督も「私たちのチャレンジは途中まで何回か成功した。強敵相手にだ」と自信を口にした。
見逃すことのできない課題もある。決定力不足はこの日も重くのしかかった。前半4分に巻はシュートを即座に打つべき場面でワンテンポ遅れ、同17分にはフリーでヘッドを宙に浮かした。「フィニッシュが一番の問題」と反省材料に掲げた。それでもW杯16強相手に日本の歩むべき道が見えた。「これからもワンタッチが必要な場面が出てくる。一番大事なのはトライをすること」。確かな武器とするために、日本は挑戦を続けていく。【
[PR]

  by tonbi002 | 2006-10-05 22:05 | サッカー

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE